SponsoredLink

シックハウス症候群はなぜ発症するの?

シックハウス症候群の直接的な要因は、住まいの建築資材や住まいに持ち込んだ家具、日用品などから出るホルムアルデヒドやトルエン、キシレン等のVOC(揮発性有機化合物)を体内に吸収することだと言われています。

シックハウスに住み体内にホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物を吸収してしまう家の換気不足や建てた住宅の建材の多用などが間接的に関係していると言えます。

シックハウス症候群は、まだ解明されていない部分が多くまだ研究中ですが、やはりホルムアルデヒドやトルエン、キシレン等の多くの化学物質の濃度が高い室内に滞在する時間が長いほど、シックハウス症候群の発症する可能性が高くなっています。

もちろん個人差や年齢差でも発症するしないがあるし、シックハウスに住んでいても発症しない人もいるそうですが、新築の家に住んですぐ発症する人も実際にはいるそうです。それに現在の人のライフスタイルとして自分の家で過ごすことが多いのが現実ですが、そのライフスタイル自体がシックハウス症候群にかかる人が多くなっている原因とも言われています。

もちろん自分の家で長く過ごすというのが、理想的な生活サイクルだと思いますが、もし自分の家がシックハウスだったらと考えると・・・恐ろしいですね。やはりシックハウス対策を深く認識して理解を含めておかないとあとで後悔することになるでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7904130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック