SponsoredLink

ハウスメーカーのCMなどの「健康住宅」だと安心?

最近ハウスメーカーなどのCMや折込チラシなどで、「シックハウス対策を十分に考えています。」や「ホルムアルデヒドゼロの家」などのキャッチコピーをうたうハウスメーカーが増えています。こんな大きく宣伝している住宅だったら安心だと思いますか?

確かにCMやチラシなどで大きくシックハウス対策済みと書いていればある程度シックハウス対策をしているだろうし、住まい手の健康を配慮した健康住宅なんだなと思いますが、ハウスメーカーの健康住宅に住む全員が全く健康に問題ないかと言えばそうではありません。実際にこのハウスメーカーがうたう健康住宅にまつわるトラブルも増加しています。

シックハウス症候群は住宅の建築資材などからだけでなく置いている家具や日用品からも発症する可能性はありますし、個人差や年齢からも発症する要因は違います。これは非常に難しい問題だと思います。

健康住宅を建てたい人はまず、建てる為の打ち合わせなどの時にハウスメーカーや建築設計事務所などと具体的にどういうシックハウス対策を行っているかや効果・その工法などを教えてもらいそれが本当にシックハウス対策として効果があるのかを理解することと自分の家族の体質などの適正を十分に検討した結果どうするのかを決めましょう。場合によっては医師に相談するのもいいかも知れません。

シックハウスを自分が作らない為にも、また家族の生活を脅かすシックハウス症候群にかからない為にも、建築主はしっかりとシックハウス対策を理解するよう心がけましょう。
この記事へのコメント
FFCでシックハウスが解消できるかどうかまだ分かりませんが、義理の兄の家で実験させてもらっています。モルタル、ペンキ、ボンドにパイロゲン千分の一希釈水を混ぜていますが、コンクリートに入れるときはまだ実験するかどうか決めていなかったことが残念と思っています。結果を楽しみにしてください。なお、結果は来年の2〜3月頃になりそうです。
Posted by kenbo at 2007年12月12日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7904086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック