SponsoredLink

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群って最近よく聞く言葉だと思います。特に今から自分の家を建てたいと思っている人は敏感に反応する言葉だと思います。

シックハウス症候群とは、目がチカチカしたり、喉が痛くなったり、めまいや吐き気、頭痛や皮膚障害・鼻炎・呼吸器障害などいろんな健康障害を発症する症例を言います。シックハウス症候群を引き起こす原因の住まいのことシックハウスと言います。シックハウスかどうかは一般的に住んでいる家から出るとシックハウス症候群の症状が消えれば、自分が住んでいる家はシックハウスだと思って間違いないと思います。

シックハウス症候群の原因は、主に住宅の建材から放散する揮発性有機化合物(VOC)であるトルエンやキシレン等や、かび・ハウスダストなどが人体に悪影響をもたらすと考えられています。

もう一つ有名なのがホルムアルデヒドという物質です。これはWHOの下部機関の国際がん研究機関が調べた結果発がん性があると言う発表があったぐらい危険と言われています。

シックハウスの主な原因である住まいの建築資材からシックハウス症候群の要因である化学物質が大量に放散されて十分な換気がされていない室内に何年もの長い期間暮らしていると突然シックハウス症候群の症状が発症する場合もあります。シックハウス症候群を防ぐ最低条件はシックハウスを作らないことだと言えます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7904013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック