SponsoredLink

畳など天然素材のものなら大丈夫なの?

シックハウス対策として一番有効なのは要因となるトルエンやキシレン等の揮発性有機化合物(VOC)のものを使わないことですが、たまに「うちは畳とかフローリングなどに使われている素材は自然素材のものだからシックハウスにはならないよ。」という人がいます。

しかし自然素材のものだからシックハウスにはならないから安心とは一概には言えません。例えばその天然素材のものに建築資材などに加工する時に抗菌処理や防腐処理が施されている場合があって、その処理の時にシックハウスの原因となる揮発性有機化合物(VOC)が使用されているケースがあります。フローリングなども家を建てる施工の段階で接着剤等に化学物質が含まれている可能性があります。

じゃあ畳だったら大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、畳に使われるイグサが畳になる前の栽培・育成の地点で防虫剤などの農薬が使用されている可能性だってあります。だから一概に安心とは言えないのです。

宣伝のコピーなどで天然素材とか無農薬栽培などうたっている場合がありますが、なにかしら化学物質が含まれる場合があります。だから宣伝文句などだけに惑わされずに、その素材自体を自分の目で実際に確認したり、検証する必要があると思います。特にシックハウスに関しては建ててしまえば取り返しがつかなくなってしまうので、十分に自分で確認することをオススメします。

シックハウス症候群はなぜ発症するの?

シックハウス症候群の直接的な要因は、住まいの建築資材や住まいに持ち込んだ家具、日用品などから出るホルムアルデヒドやトルエン、キシレン等のVOC(揮発性有機化合物)を体内に吸収することだと言われています。

シックハウスに住み体内にホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物を吸収してしまう家の換気不足や建てた住宅の建材の多用などが間接的に関係していると言えます。

シックハウス症候群は、まだ解明されていない部分が多くまだ研究中ですが、やはりホルムアルデヒドやトルエン、キシレン等の多くの化学物質の濃度が高い室内に滞在する時間が長いほど、シックハウス症候群の発症する可能性が高くなっています。

もちろん個人差や年齢差でも発症するしないがあるし、シックハウスに住んでいても発症しない人もいるそうですが、新築の家に住んですぐ発症する人も実際にはいるそうです。それに現在の人のライフスタイルとして自分の家で過ごすことが多いのが現実ですが、そのライフスタイル自体がシックハウス症候群にかかる人が多くなっている原因とも言われています。

もちろん自分の家で長く過ごすというのが、理想的な生活サイクルだと思いますが、もし自分の家がシックハウスだったらと考えると・・・恐ろしいですね。やはりシックハウス対策を深く認識して理解を含めておかないとあとで後悔することになるでしょう。

ハウスメーカーのCMなどの「健康住宅」だと安心?

最近ハウスメーカーなどのCMや折込チラシなどで、「シックハウス対策を十分に考えています。」や「ホルムアルデヒドゼロの家」などのキャッチコピーをうたうハウスメーカーが増えています。こんな大きく宣伝している住宅だったら安心だと思いますか?

確かにCMやチラシなどで大きくシックハウス対策済みと書いていればある程度シックハウス対策をしているだろうし、住まい手の健康を配慮した健康住宅なんだなと思いますが、ハウスメーカーの健康住宅に住む全員が全く健康に問題ないかと言えばそうではありません。実際にこのハウスメーカーがうたう健康住宅にまつわるトラブルも増加しています。

シックハウス症候群は住宅の建築資材などからだけでなく置いている家具や日用品からも発症する可能性はありますし、個人差や年齢からも発症する要因は違います。これは非常に難しい問題だと思います。

健康住宅を建てたい人はまず、建てる為の打ち合わせなどの時にハウスメーカーや建築設計事務所などと具体的にどういうシックハウス対策を行っているかや効果・その工法などを教えてもらいそれが本当にシックハウス対策として効果があるのかを理解することと自分の家族の体質などの適正を十分に検討した結果どうするのかを決めましょう。場合によっては医師に相談するのもいいかも知れません。

シックハウスを自分が作らない為にも、また家族の生活を脅かすシックハウス症候群にかからない為にも、建築主はしっかりとシックハウス対策を理解するよう心がけましょう。

まずは自分がシックハウスについて知りましょう。

住宅を建築する時にまずは家を建てる自分がシックハウス対策についてよく調べてみましょう。建築設計士やハウスメーカーなどの業者任せにして、家を建てた後で、シックハウス症候群になったと言ったところで、もう遅いですよね。

最近では厚生省がシックハウス対策に乗り出して、シックハウスについてのガイドラインを作成しているので、全くシックハウス対策をしていない業者はいないとは思いますが、最初に打ち合わせをする段階で、おたくでは具体的にどのようなシックハウス対策をしているかということを確認することも大事でしょう。その時にも建築主である自分がシックハウスについて全く無知であれば業者が言っていること自体を理解できないでしょう。

もし、業者任せにしておいて、後でシックハウス症候群を発症したとしても、業者側に社会通念上の瑕疵がなければ、責任追及をすることは難しいと思います。

シックハウス症候群は、住宅の建築時だけではなく、シックハウス症候群の発症時期には個人差・年齢差がありますし、住んでいる時の換気の常態や、温度・湿度や使用している家具や張替えた壁紙、飼っているペットなどによっても発症する要因があるので建築業者だけが悪いとはいえないのです。

シックハウス症候群を防ぐ為には、これから家を建てて住む自分自身がシックハウスについて興味を持ってシックハウス対策を理解することが一番大事なことだといえます。

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群って最近よく聞く言葉だと思います。特に今から自分の家を建てたいと思っている人は敏感に反応する言葉だと思います。

シックハウス症候群とは、目がチカチカしたり、喉が痛くなったり、めまいや吐き気、頭痛や皮膚障害・鼻炎・呼吸器障害などいろんな健康障害を発症する症例を言います。シックハウス症候群を引き起こす原因の住まいのことシックハウスと言います。シックハウスかどうかは一般的に住んでいる家から出るとシックハウス症候群の症状が消えれば、自分が住んでいる家はシックハウスだと思って間違いないと思います。

シックハウス症候群の原因は、主に住宅の建材から放散する揮発性有機化合物(VOC)であるトルエンやキシレン等や、かび・ハウスダストなどが人体に悪影響をもたらすと考えられています。

もう一つ有名なのがホルムアルデヒドという物質です。これはWHOの下部機関の国際がん研究機関が調べた結果発がん性があると言う発表があったぐらい危険と言われています。

シックハウスの主な原因である住まいの建築資材からシックハウス症候群の要因である化学物質が大量に放散されて十分な換気がされていない室内に何年もの長い期間暮らしていると突然シックハウス症候群の症状が発症する場合もあります。シックハウス症候群を防ぐ最低条件はシックハウスを作らないことだと言えます。